ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

IISEシンポジウム「IoT都市の新展開~ポリモルフィックネットワーキングの都市的応用」開催案内

~受付けは終了しました~

 IoT(インターネット・オブ・シングス)がAI(人工知能)、ロボットとともに注目を集めております。国際社会経済研究所では、このような新しい技術が社会的課題を解決する社会イノベーションの切り札となるとの認識のもと、東京大学先端科学技術研究センターの西成活裕教授や有識者の方々を迎えて「国際社会経済研究所IoT研究会」を一昨年から立ち上げて活動しております。このたび昨年に引き続き第2回シンポジウムを開催する運びとなり、ご案内します。
 今回の中心テーマは昨年に引き続き「ポリモルフィックネットワーキング」です。これは「多彩な知能化技術によって自律化したシステム同士が多形的につながりあって全体として協調する」という昨年我々が提案したIoT社会における新コンセプトです。今年は「IoT都市の新展開」と題して、このコンセプトをIoT時代の都市構造の発展に適応した「ポリモルフィックシティ」の議論を展開します。
 状況に応じて柔軟で多形的な情報インフラを提供するポリモルフィックネットワーキングは、都市・社会とそこに住まう人々に対して新しい価値を提供するでしょう。ポリモルフィックネットワーキングにより社会の隅々まで神経の通った近未来都市をポリモルフィックシティと呼び、提唱します。

 
国際社会経済研究所シンポジウム「IoT都市の新展開~ポリモルフィックネットワーキングの都市的応用~」

日時   :  2017年3月22日(水)13:30~16:30
会場   :  日比谷コンベンションホール(日比谷図書文化館 地下1階大ホール)
      住所:千代田区日比谷公園1番4号
      アクセス:東京メトロ 丸ノ内線・日比谷線 霞が関駅より徒歩約3分など
              http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
主催   :  国際社会経済研究所
協力   :  国際大学グローバルコミュニケーションセンター(GLOCOM)
テーマ:  「IoT都市の新展開~ポリモルフィックネットワーキングの都市的応用」

スケジュール:

  • 13:00 開場
    13:30 開演
    開会挨拶
  • 13:40~14:10 講演①
    西成活裕 東京大学先端科学研究センター教授
  • 14:10-14:30 講演②
    名倉 賢 国際社会経済研究所 主任研究員
  • 14:30-15:00 講演③
    松永統行 国際社会経済研究所 主任研究員
  • 15:10-16:30 パネルディスカッション
    司会進行:原田泉 国際社会経済研究所 主幹研究員
    パネラー:
    西成活裕 東京大学教授
    松永統行 国際社会経済研究所 主任研究員
    名倉賢 国際社会経済研究所 主任研究員

参加申込み方法:
参加申込み用サイト(http://kokucheese.com/event/index/454707/)からお申込みいただけます。
なお、会場の都合上、定員150名とします。これを超えた場合には抽選とし、後日受講票をeメールで送付します。

このページの先頭に戻る