ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. Home
  2. コラム
  3. 旧雨今雨
  4. 2016年(旧雨今雨)
  5. あくびの出る話
ここから本文です。

あくびの出る話

主幹研究員 加藤竹彦

 あくびに関する話である。あくびは、間脳にある室傍核のオキシトシン神経から発せられるあくび指令シグナルによって起きるが、発生する原因や生物学的意義はよくわかっていない。一般的な原因としては、眠気・退屈、緊張、病気、脳の疲労、脳の温度調節、感情移入が考えられるそうだ。

 眠いときや退屈なときにはよくあくびがでる。これは脳があまり覚醒していない状態で起きるらしいことはわかっているが、メカニズムまでは解明できていない。

 あくびがでる病気として、糖尿病、偏頭痛、貧血、脳こうそくなどが知られている。糖尿病は血液中のブドウ糖が減って脳の働きの低下によるものであり、そのほかは脳内の酸素不足が原因といわれている。

 一方、脳に酸素が足りないからという説が間違いである、とする実験結果がある。1987年に行われた実験では、高酸素濃度、中二酸化炭素濃度、高二酸化炭素濃度の部屋を用意して被験者を振り分け、あくびの出る回数を計測したところ、まるで変わらなかった。

 米国の研究グループは、あくびが脳の温度を調整し脳を冷やすという説を主張している。頭を冷やした人は、あくびが出にくくなることが実験で分かっている。またウィーン大学の研究者は、あくびと気温との関連性を発表している。外気温が体温と同程度以上高いと効果はなく、寒い気候では必要でさえない可能性があるという。

 不眠症治療で著名な米国ピッツバーグ大学 睡眠外科医局長のライアン・スーズ氏は、あくびが脳を冷やすという理論から、脳が冷える仕組みを検証した。そして、あくびで上顎洞(副鼻腔の1つ)の仕切り壁が動いて送風機のように拡大・縮小し、脳に空気を送り込んで脳を冷やす、という理論を発表した。人間の脳はコンピューターのように温度に対して非常に敏感で、効率よく機能するためには低い温度を保つ必要があるという。

 ペットのあくびは、単に眠気やリラックスの状態だけではない場合があり、飼い主は注意する必要がある。撫でられているときのあくびは、不快感を示しているのかもしれない。叱られているときのあくびは、相手の緊張感を和らげる目的といわれる。このように、犬や猫が相手の気持ちを落ち着かせようとする動作をカーミングシグナルという。また、強いストレスや体調不良による生あくびもある。ちなみに、あくびは哺乳類以外にも爬虫類、鳥類、魚類などもする。

 あくびは移る、というのは事実のようである。同じ動物種間でも確認されているし、人のあくびを見て犬があくびをすることもわかっている。あくびの伝染は自己認知や共感性が関与しているとの見解がある。

 あくびについて考えたらあくびが出る、という面白い研究もある。1986年から翌年にかけて行われた実験で、被験者に10分間リラックスした状態で座ってもらい、あくびについて考えてもらう。これを3セット繰返して実験中に起きたあくびを分析したところ、通常と比較して回数が圧倒的に多いことが判明した。

 あくびの映像を見るとあくびが出る、という実験もある。被験者に、人があくびをしている映像と、人が爆笑している映像を10秒間、5分ずつ視聴してもらった結果、あくびの映像を見た被験者の55%があくびをしたのに対し、笑いの映像では21%だったそうだ。

 さらには、あくび文章としゃっくり文章を被験者に読ませると、あくび文章を読んだ被験者の30%があくびをしたのに対して、しゃっくり文章では5%だった、という実験まであるそうだ。

 このコラムを読んでいる方もきっとあくびをかみ殺していることだろう。

このページの先頭に戻る