ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. Home
  2. 情報発信
  3. シンポジウム
  4. 2015年
  5. データ活用ビジネスの展望 ~ビッグ×オープン×パーソナル~
ここから本文です。

データ活用ビジネスの展望 ~ビッグ×オープン×パーソナル~

国際大学 GLOCOM/国際社会経済研究所 共催 シンポジウム ダイジェスト

題目:「データ活用ビジネスの展望 ~ビッグ×オープン×パーソナル~」
講師:庄司昌彦 (国際大学GLOCOM 主幹研究員)
         小泉雄介 (株式会社国際社会経済研究所 主任研究員)
         中西崇文 (国際大学GLOCOM 主任研究員)
         東富彦 (株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)
日時:2015年4月23日(水) 午後2時~4時40分
場所:千代田区立内幸町ホール (東京都千代田区内幸町1-5-1)

【概要】
ビッグデータやオープンデータを活用した新たなサービスが世界的に多数生まれてきており、この傾向は加速している。企業においては、これらのデータを用いた新たなビジネス機会の創出が期待されている。また、多種多様なデータを扱う中ではパーソナルデータの取り扱い方法が問われている。データ活用で新たな価値を生むには、これらのデータを組み合わせていく必要がある。
今回のシンポジウムでは、4人の講師が講演を行った。国際大学GLOCOMからは庄司昌彦(敬称略、以下同)と中西崇文が登壇し、それぞれオープンデータとビッグデータについて講演を行った。株式会社国際社会経済研究所の小泉雄介はパーソナルデータ保護の最新動向と利活用に向けた取り組みを紹介した。最後に、同じく株式会社国際社会経済研究所の東富彦は、これらデータを活用したビジネスをどのように創出していくかについて事例を交えて講演した。それぞれが専門とする分野の講演が組み合わさることで、データ活用ビジネスの展望について包括的な見通しが与えられた。講演の後は、登壇者4人によるディスカッションが行われ、データ利活用を実現していくための課題や障害についての議論が深められた。

【プログラム】

14:00-14:10 開会のご挨拶
14:10-14:40 本格化したオープンデータ活用を加速するためには
  庄司昌彦(国際大学GLOCOM 主任研究員)
14:40-15:10 パーソナルデータ保護の最新動向と利活用に向けた取組み」」
  小泉雄介(株式会社国際社会経済研究所 主任研究員)
15:10-15:20 休憩
15:20-15:50 データエクスチェンジによるスマートデータイノベーション
  中西崇文(国際大学GLOCOM 主幹研究員)
15:50-16:20 データ活用ビジネスをどう創出するか
  東富彦(株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員)
16:20-16:40 登壇者によるディスカッション
16:40 閉会

このページの先頭に戻る