Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

株式会社国際社会経済研究所/国際大学GLOCOM共催シンポジウム

パーソナルデータ収集の多様化と保護                ~サイバーからリアル社会での個人追跡へ~

  • 日時:平成26年4月24日(木)午後1時30分~4時30分
  • 場所:千代田区立日比谷図書文化館

【登壇者】50音順

東 富彦(国際社会経済研究所 情報社会部・主幹研究員)

草桶 左信(国際社会経済研究所 特別研究主幹)

小泉 雄介(国際社会経済研究所 主任研究員)

渡辺 智暁(国際大学GLOCOM 主幹研究員・准教授・研究部長)


【概要】

 利用客の行動、属性、特徴などの個人情報を調査・解析したビッグデータを用いて商品の仕入れや店舗改善を行なうことで、より有益なサービスを提供するビジネスが発展、注目されている。機関・企業が独自に収集したデータを他機関と共有することで更なる利益に繋げたり、データ管理・売買自体をビジネスにする動きも見られる。

 しかし一方で、利用者が意識しないところでパーソナルデータが搾取されてしまう点でトラブルも多く、問題視されている。デジタル技術、機械端末が急速な進化を遂げる中、個人情報保護制度自体の法的見直しの必要にも迫られている。

 今回のシンポジウムでは、個人情報保護制度の現状と課題、パーソナルデータ収集や現段階での解決事例をさらい、新たなルール作りの方法としてマルチステークホルダー・プロセスの導入、海外で行なわれている措置などを展望し、日本におけるパーソナルデータのルール形成に向けた議論がされた。


【プログラム】

13:30-13:35 開会
13:35-14:15

個人情報保護制度の鳥瞰図

   草桶 左信(国際社会経済研究所 特別研究主幹)

14:15-14:55

パーソナルデータ収集の多様化と問題点

    東 富彦(国際社会経済研究所 情報社会部・主幹研究員)

14:55-15:05 (休憩)
15:05-15:45

パーソナルデータの取り扱いルール形成のためのマルチステークホルダー・プロセス

   渡辺 智暁(国際大学GLOCOM 主幹研究員・准教授・研究部長)

15:45-16:25

パーソナルデータ収集の多様化と対策の方向性

   小泉 雄介(国際社会経済研究所 主任研究員)

16:25-16:30 閉会